GPUを搭載する拡張ボード ビデオカードとは?

■ビデオカードとは?

ビデオカードは、パソコンの描画性能を大きく左右する重要なパーツです。
ただ、チップセットのオンボードグラフィック機能の向上により、
オンボードグラフィック機能非搭載のチップセット及びゲームユーザー以外は必要の無いパーツなので、
このパーツを搭載するか否かで、自作パソコンを組む上ではコスト面で大幅に上下します。

■ビデオカードの構成

GPU

GPU(Graphics Processing Unit)は、ビデオカードの性能を大きく左右するパーツです。
詳細は、「GPUとは?」をご覧下さい。

ビデオメモリー

ビデオメモリー(VRAM)は、ディスプレイに映し出す描画情報を保持するためのフレームバッファとして利用されます。
以前は、DDR SDRAMの様なメインメモリーのチップを利用されてきましたが、
最近はビデオカード専用に開発されたGDDR3などといったビデオカード専用のメモリーが使用されています。
なお、メインメモリーの様に個人でのメモリー増設は出来ません。

内部インターフェイス

ビデオカードは、普通の拡張ボードのようなPCI接続も出来る製品はありますが、帯域が限られてしまうため少数派です。
基本的にはビデオカード専用の内部インターフェイスがあらかじめマザーボードに用意されています。
現在の代表的な内部インターフェイスとしてPCI Express X16が挙げられます。
また、一世代前ではAGPが幅広く利用されてきましたが、現在では過去の規格となっています。

外部インターフェイス

ビデオカードは、ディスプレイなどに接続するための外部インターフェイスが必ず用意されています。
DVI(Digital Visual Interface)は、現在ほとんどのビデオカードに搭載されているデジタル出力インターフェイスです。
また、2000年代以前はミニD-Sub15端子が主流でした。
そして、最新の規格ではディスプレイポートを搭載する製品も出回り始めています。

ビデオBIOS

マザーボード同様、ビデカボードにもBIOSが搭載されています。
このビデオBIOSのおかげで、
ハードウエアの違いによらずどの機種でも同じようにディスプレイに表示出来るよう互換性が保たれています。

ビデオカードの種類

ビデオカードには、製造メーカー・GPUの種類・VRAM量・その他の違いにより多数の種類があります。
価格の幅も広い分、性能の差も激しい為、自分に本当に必要な性能を持つ製品を選択出来る知識が必要になります。
もし分からないときは、自作パソコンの専門店で店員に相談するのが得策です。
きっと、親切かつ丁寧に教えて頂ける事でしょう。

■ビデオカード関連のリンク

AMD公式サイト ●NVIDIA公式サイト
4Gammer.net - ハードウエアトップ ●ビデオカードの性能比較(Tom's Hardware)

最終更新日:2009年6月27日