CPUの種類 Intel Core i7 (LGA2011)

■Core i7とは?

Core i7(LGA2011版)は、2011年11月14日にIntelが発表したCPUで、最大6コアのCPUである。
Core i7(LGA1155版)の上位に位置付けられ、デスクトップ向けCPUの最上位モデルである。
Core i7(LGA1366版)の後継機種であり、ソケットに互換性はない。
下位モデル同様に、CPU、メモリコントローラ、PCI Expressが1つのダイに統合された。
Turbo Boostもバージョン2.0へと強化されている。
なお、リテールパッケージにCPUクーラーが含まれていないので注意が必要。
C1ステッピングのVT-dが使用できないエラッタは、C2ステッピングで解消された。

■Core i7のラインナップ

●LGA2011

Sandy Bridge-E
Intel Core i7 (LGA2011版) Sandy Bridge-EとチップセットX79のブロック図
Intel Core i7 (LGA2011版) Sandy Bridge-E詳細スペック
製品名 sSpec C/T 動作周波数 TurboBoost L3 Stepping TDP 発売日
Core i7 3960X
Extreme Edition
SR0KF 6C/12T 3.3GHz 3.9GHz 共有15MB C2 130W 2012年2月
Core i7 3960X
Extreme Edition
SR0GW 6C/12T 3.3GHz 3.9GHz 共有15MB C1 130W 2011年11月
Core i7 3930K SR0KY 6C/12T 3.2GHz 3.8GHz 共有12MB C2 130W 2012年2月
Core i7 3930K SR0H9 6C/12T 3.2GHz 3.8GHz 共有12MB C1 130W 2011年11月
Core i7 3820 SR0LD 4C/8T 3.6GHz 3.8GHz 共有10MB M1 130W 2012年2月

※Core i7 3820はTurbo Boostの倍率ロックのみ解除されている。
※Enhanced Intel SpeedStep Technology (EIST)は、CPUの消費電力を抑える機能です。
※TurboBoostは、TDPの枠内で自動的にCPUの動作クロックを引き上げる機能です。
※Hyper-Threading Technologyは、1コアで2スレッドを同時実行する機能です。
※Intel Virtualization Technologyは、仮想化支援機能です。

■Core i7関連のリンク

Intel公式サイト  ●Core i7公式ページ ●CPUの性能比較(Tom's Hardware)

最終更新日:2012年9月4日