CPUの種類 Intel Celeron (LGA1155)

■Celeronとは?

Celeron(LGA1155版)は、2011年9月にIntelが発売したCPUで、最大2コアのCPUである。
Pentium(LGA1155版)の下位に位置づけられ、最も安価なモデル。
Pentium(LGA1155版)との主な違いは、3次キャッシュと対応メモリが挙げられる。
Celeron(LGA775版)の後継機種であり、ソケットに互換性はない。
Sandy Bridge世代から、CPU、GPU、メモリコントローラとPCI Expressが全て1つのダイに統合された。

■Celeronのラインナップ

●LGA1155

Sandy Bridge
Intel Celeron (LGA1155版) Sandy BridgeとチップセットZ68のブロック図
Intel Celeron (LGA1155版) Sandy Bridge詳細スペック
製品名 sSpec C/T 動作周波数 L3 GPU(最大) Stepping TDP 発売日
Celeron G555 SR0RZ 2C/2T 2.7GHz(x27) 共有2MB 850(1000)MHz Q0 65W 2012年9月
Celeron G550 SR061 2C/2T 2.6GHz(x26) 共有2MB 850(1000)MHz Q0 65W 2012年6月
Celeron G540 SR05J 2C/2T 2.5GHz(x25) 共有2MB 850(1000)MHz Q0 65W 2011年9月
Celeron G530 SR05H 2C/2T 2.4GHz(x25) 共有2MB 850(1000)MHz Q0 65W 2011年9月
Celeron G465 SR0S8 1C/2T 1.9GHz(x19) 1.5MB 650(1000)MHz Q0 35W 2012年9月
Celeron G460 SR0GR 1C/2T 1.8GHz(x18) 1.5MB 650(1000)MHz Q0 35W 2011年12月
Celeron G440 SR0BY 1C/1T 1.6GHz(x16) 1MB 650(1000)MHz Q0 35W 2011年9月

※Enhanced Intel SpeedStep Technology(EIST)とは、CPUの消費電力を抑える機能です。
※Intel Virtualization Technologyとは、仮想化支援機能です。
※Dynamic Frequencyとは、TDPの枠内で自動的にGPUの動作クロックを引き上げる機能です。
※Celeron G465とG460のみHyper-Threading Technology搭載。
※Hyper-Threading Technologyとは、1コアで2スレッドを同時実行する機能です。

■Celeron関連のリンク

Intel公式サイト  ●Celeron公式ページ ●CPUの性能比較(Tom's Hardware)

最終更新日:2012年9月4日