過去のCPUの種類 AMD編

このページでは、既に販売終了となったAMDのCPUの種類を、ブランドごとに紹介しています。
現在販売中のCPUは、こちらをご覧ください。
なお、店頭在庫が極少数となったブランドについても、過去の製品として扱う場合があります。

過去のAMDのCPUのラインナップ

現行世代のAMDのCPUは、こちらをご覧ください。

●Phenom II X6

Phenom II X6とは、2010年4月27日に発表されたAMDのCPUブランドの一種です。
K10マイクロアーキテクチャのCPUで、6コアのCPUです。
Phenom II X6は、AMDのデスクトップ向けのCPUとして初の6コア。
同時期に発売されたIntel Core i7 980X ExtremeEditionとは、価格差で大きな優位性を持つ。
また、AMD Turbo CORE Technologyを初めて搭載した。

●Phenom II X4

Phenom II X4とは、2009年1月8日に発表されたAMDのCPUブランドの一種です。
K10マイクロアーキテクチャのCPUで、4コアのCPUです。
Phenomの由来は「能力が並ではない、驚くべき」を意味するPhenomenalから来ている。
初期の製品ではSocket AM2+に対応する製品を発売する。
Socket AM2+ではDualDDR2-1066に対応する。
2009年2月9日にはSocket AM3対応の製品を発表した。
Socket AM3ではDualDDR2-1066に加えDualDDR3-1333にも対応する。
また、全コア共通の3次キャッシュを内蔵する。
SteppingC2からC3への変更では最大電圧の低下が主で、
C1Eステートの切り替え時に起こるパフォーマンス低下の解消や、
DDR3-1333メモリ4枚使用時に起こったエラッタの解消などもが含まれている。

●Phenom II X3

Phenom II X3とは、2009年2月9日に発表されたAMDのCPUブランドの一種です。
K10マイクロアーキテクチャのCPUで、3コアのCPUです。
Phenomの由来は「能力が並ではない、驚くべき」を意味するPhenomenalから来ている。
Socket AM3に対応し、DualDDR2-1066とDualDDR3-1333に対応する。
また、全コア共通の3次キャッシュを内蔵する。

●Phenom II X2

Phenom II X2は、2009年6月2日に発表されたAMDのCPUブランドの一種です。
K10マイクロアーキテクチャのCPUで、2コアのCPUです。
Phenomの由来は「能力が並ではない、驚くべき」を意味するPhenomenalから来ている。
Phenom II X2は、Phenom II X4同様のDenebコアを利用。
余った2コアは無効化されて出荷されているという。
そのため、Phenom II X4とかなり仕様が似ている。

●Athlon II X4

Athlon II X4は、2009年9月16日に発表されたAMDのCPUブランドの一種です。
K10マイクロアーキテクチャのCPUで、4コアのCPUです。
Athlon II X4は、Phenom II X4からキャッシュ量を減少させた廉価製品に位置付けられます。
4gamer.netの記事によると、一部製品にはDenebコアの製品が含まれているとの報道がされた。
Athlon II X4 605eは、AMDとIntel両社含めて4コアの製品では初のTDP45Wであり注目されている。

●Athlon II X3

Athlon II X3は、2009年10月20日に発表されたAMDのCPUブランドの一種です。
K10マイクロアーキテクチャのCPUで、3コアのCPUです。
Athlon II X3は、Athlon II X4同様のPropusコアを採用している。
価格帯も、Athlon II X4とAthlon II X2の間にすっぽりと収まる形となる。

●Athlon II X2

Athlon II X2は、2009年6月2日に発表されたAMDのCPUブランドの一種です。
K10マイクロアーキテクチャのCPUで、2コアのCPUです。
Athlon II X2は、同時期に発表されたPhenom II X2とは異なった新設計のコアを採用。
対応メモリーの動作周波数の制限と、3次キャッシュが搭載されない点が異なる。
Windows 7のXPモードを気にしてか、低価格向け製品としては珍しく仮想化支援機能が搭載されている。
Athlon II X2 240e/235eは、発売直前にパッケージの誤植が発見された為、発売延期が危ぶまれた。

●Phenom X4

Phenom X4とは、2007年11月にAMDが発表したCPUブランドの一種でAMD初の4コアのCPUである。
Phenomの由来は「能力が並ではない、驚くべき」を意味するPhenomenalから来ている。
Socketは、従来のSocket AM2と互換性のあるSocket AM2+を使用する。
メモリーコントローラーを内蔵し、DDR2-1066に対応する。

また、全コア共通の3時キャッシュを内蔵するのが特徴である。
なお、2008年3月に4コアの製品であるPhenom 9000シリーズがPhenom X4へと改称され今に至る。

●Phenom X3

Phenom X3とは、2008年3月にAMDが発売したCPUブランドの一種で業界初の3コアのCPUである。
Phenomの由来は「能力が並ではない、驚くべき」を意味するPhenomenalから来ている。
Socketは、従来のSocket AM2と互換性のあるSocket AM2+を使用する。
メモリーコントローラーを内蔵し、DDR2-1066に対応する。

また、全コア共通の3時キャッシュを内蔵するのが特徴である。
なお、2008年3月に3コアの製品であるPhenom 8000シリーズがPhenom X3へと改称され今に至る。

●Athlon X2

Athlon X2とは、2007年6月にAMDが発表したCPUブランドの一種で2コアのCPUである。
当初、Athlon X2はAthlon 64 X2のTDP低減版のブランド名として登場した。
しかし、近頃は64ビットへの対応は当然となり、Phenomのようにブランド名への明記はされなくなった。
そこで、Brisbaneの一部最新モデルはAthlon X2ブランドとして販売されている。
但し、BrisbaneについてはTDP45Wの製品のみこのページにて紹介させて頂く事をご理解願いたい。
よって、BrisbaneのTDP65W以上の製品はAthlon 64 X2を参照下さい。

●Athlon 64 X2

Athlon 64 X2とは、2005年4月にAMDが発表したCPUブランドの一種でAMD初の2コアのCPUである。
当初はSocket 939を使用し、メモリーはDDR1に対応して登場していた。
現在は、DDR2メモリーに対応し仮想化技術を実装したSocket AM2版に切り替わっている。
Socket AM2版のコアはWindsor(2006年5月発表)とBriabane(2006年12月発表)の2種類があり、
動作クロックやキャッシュ容量、TDPの違いで30種類以上のラインナップを誇る。
なお、元々はAthlon 64 X2のTDP削減版として登場したのがAthlon X2だが、
現在では64bit対応が当然となり明示する必要性が薄れたことから、
ここに紹介されている現行の一部モデルのパッケージもAthlon X2と改称されて販売されている。

●Athlon 64

Athlon 64とは、2003年9月にAMDが発表したCPUブランドの一種で1コアのCPUである。
発売当初はSocket 754である。
Limaコア(2007年2月発表)では、製造プロセスの微細化で当初のTDP89WからTDP45Wまでに低下した。

●Sempron

Sempronとは、2004年6月にAMDが発表したCPUブランドの一種で1コアのCPUである。
Socket Aの頃から存在し、非常に息の長いブランドである。
自作パソコンの世界では2コア主流の現在、自作ユーザーが使う機会は滅多に無い。

AMD CPU発売日記録

2011〜2012年の記録は、こちらをご覧ください。

●2010年度

Phenom II X6 1065Tが12月17日に発売。
Phenom II X2 565 BlackEditionが12月11日に発売。
Phenom II X6 1100Tが12月10日に発売。
Athlon II X3 450が12月10日に発売。
Athlon II X4 615eが10月8日に発売。
Athlon II X2 250eが10月8日に発売。
Phenom II X6 1075Tが10月1日に発売。
Phenom II X4 970 BlackEditionが9月23日に発売。
Athlon II X2 265が9月23日に発売。
Phenom II X2 560 Black Editionが9月21日に発売。
Athlon II X4 645が9月21日に発売。
Phenom II X4 955が9月4日に発売。
Athlon II X3 445が9月4日に発売。
Phenom II X6 1055T(TDP95W)が6月26日に発売。
Athlon II X2 245eが6月25日に発売。
Athlon II X2 260が6月11日に発売。
Athlon II X4 640が5月31日に発売。
Phenom II X6 1090T BlackEditionが4月29日に発売。
Phenom II X6 1055Tが4月29日に発売。
Phenom II X4 910eが2月5日に発売。
Phenom II X2 555 BlackEditionが2月5日に発売。
Athlon II X4 635が1月29日に発売。
Athlon II X3 440が1月29日に発売。
Athlon II X2 255が1月29日に発売。

●2009年度

Athlon II X3 435が11月20日に発売。
Athlon II X3 425が11月20日に発売。
Phenom II X4 945(C3)が11月7日に発売。
Phenom II X4 960 BlackEdition(C3,TDP125W)が11月6日に発売。
Athlon II X2 240eが9月18日に発売。
Athlon II X2 235eが9月18日に発売。
Athlon II X4 630が9月18日に発売。
Athlon II X4 605eが9月18日に発売。
Athlon II X4 620が9月11日に発売。
Phenom II X4 965 BlackEditionが8月13日に発売。
Athlon II X2 240が8月7日に発売。
Phenom II X2 545が7月31日に発売。
Athlon II X2 245が7月24日に発売。
Athlon II X2 240が7月24日に発売。
7月13日に価格改定が行われた。
Phenom II X4 945(TDP95W)が6月13日に発売。
Phenom II X4 905eが6月5日に発売。
Phenom II X3 705eが6月5日に発売。
Phenom II X2 550 BlackEditionが6月5日に発売。
Athlon II X2 250が6月5日に発売。
Athlon X2 7750が6月5日に発売。
Phenom II X4 945が5月30日に発売。
Phenom II X4 955 BlackEditionが4月25日に発売。
Athlon X2 7850 BlackEditionが4月29日に発売。
Phenom II X4 810が2月27日に発売。
Phenom II X3 720 BlackEditionが2月20日に発売。
Phenom II X3 710が2月20日に発売。
Phenom II X4 920が1月17日に発売。
Phenom II X4 940 Black Editionが1月8日に発売。

●2008年度

Athlon X2 7750 Black Editionが12月15日に発売。
Phenom X3 8450eが12月1日に発売。
Athlon X2 5050eが11月7日に発売。

AMDのCPU関連のリンク

AMD公式サイト ●CPUの性能比較(Tom's Hardware)

最終更新日:2012年8月31日