マザーボード上に搭載されるチップセットとは?

■チップセットとは?

チップセットとは、マザーボードに搭載されている2種類のチップ(LSI)の事です。
チップセットは、マザーボードに実装されている形で販売されているので、
自身での交換やチップセットのみの購入は出来ません。

■ノースブリッジとサウスブリッジ

CPUに接続される方がノースブリッジ(NB)で、
CPUインターフェースやメモリーインターフェース、PCIExpressなどの制御回路が入っています。
CPUに接続されるので、ノースブリッジの種類により対応CPUが決まります。
I/Oに接続される方がサウスブリッジ(SB)で、
PCIExpressやPCIバス、SerialATAやIDE、キーボードポートやマウスポート、
USBポートやサウンド、イーサネットなどの制御回路が入っています。
以前はノースブリッジからはPCIで接続されていたサウスブリッジですが、
最近はサウスブリッジの高機能化に伴い、
AMDのHyperTransportの様に、特殊な接続方法による高速化を図っています。
実装面積削減を目的に、ノースブリッジとサウスブリッジを合体させた統合型チップセットもあります。
なお、最近のCPUは多くの機能が搭載されており、チップ"セット"と言いながら、1チップ構成の場合がほとんどです。

■統合チップセット

グラフィック機能をノースブリッジに統合した製品を、統合チップセットと呼びます。
ローエンドGPUにも3D性能で圧倒的に負けるものの、ゲームユーザー以外は安価に組むために使用していました。
かつては、安価で省スペース性に優れるため、メーカー製パソコンでは主流になっていました。
しかし、最近はGPU機能がCPUに含まれるようになり、統合チップセットは姿を消しています。

■チップセットの種類

チップセットには、Intel製CPU向け製品とAMD製CPU向け製品があります。
主に、ハイエンド向け製品群、メインストリーム製品群、エントリー製品群に別れ、
上位機種ほど付加機能が多く搭載されています。

■チップセットメーカー

デスクトップパソコン向けにチップセットを製造している主なメーカーは、AMDIntelの2社です。
以前はnVIDIAも参入していましたが、今は撤退しています。

■チップセット関連のリンク

AMD ●Intel

最終更新日:2012年7月28日